2020年11月公演

劇団俳優座No.343

「火の殉難」

公演案内

あらすじ

1936年2月、時の大蔵大臣高橋是清の私邸に、さる陸軍大将の紹介状を持った一人の新聞記者が、財政家・高橋の一代記を記事にしたいと訪れる。快諾する高橋は波瀾に満ちた来し方をユーモラスに語り出す。やがて、世界恐慌の対策や軍事費削減の真意を迫る記者に、声を荒らげる高橋……。

場面は変わり。皇道派青年将校の決起集会。将校たちは国賊の一人として高橋の名を挙げる一派と、天皇の信任厚い元総理大臣の殺害を躊躇する者とに分かれる。そこに現れた将校は、高橋を取材した「新聞記者」だった……。

同月26日、一団の向かう「君側の奸」の一人は「ダルマ宰相」となった。

 

キャスト

 

スケジュール

2020年11月13日(金)~29日(日)
※開場は開演の30分前。受付は開演1時間前から。

★終演後にアフタートーク

◆チケット情報◆

携帯からの予約はこちらをクリック!

 

 

◆会場
劇団俳優座5階稽古場
〒106-0032 東京都港区六本木4-9-2-5F

 

◆料金(全席指定)
一般/5,500円
学生/3,850円
シニア席/4,800円
ハンディキャップ席/3,300円

チケット料金は、前売・当日ともに同額です。
*ハンディキャップ席には数に限りがあります。
託児サービス実施。(カンフェティでの購入者が対象。火~土 12:00~17:30)

 

■チケット■

2020年10月 日 前売開始

●劇団俳優座
03-3405-4743/03-3470-2888(10:30~18:30 日・祝除く)

●Confetti(カンフェティ)(事前決済・チケットコンビニ発券)
0120-240-540

http://confetti-web.com/kokoronouso

 

スタッフ

作:古川健(トムプロジェクト・東京)
演出:川口啓史
舞台監督:石井道隆
舞台監督助手:村雲龍一、石川修平 大道具:俳優座劇場
舞台美術デザイン:乗峯雅寛(文学座・東京)
照明プラン:石島奈津子(東京舞台照明・東京)
音響プラン:勝見淳一(音映・東京)
衣装デザイン:イカラシヒロコ(フリー・東京)
音楽:加藤史崇(POCO・神奈川)