<『マクベスの悲劇』新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策について>

感染予防、拡散防止について可能な限りの対策を実施した上で、上演を実施致しました。

実施致しました対策は以下の通りでした。

【お客様へのご協力のお願い】

・お客様の体調により37.5度以上の発熱、咳や風邪のような症状が起きた場合、観劇をお控えいただ  きますようお願い申し上げます。また、体力や免疫力に不安のある方など、キャンセルをご希望の場合は、お早めにご連絡ください。
・1階建物入口に、サーモグラフィー検温器を設置させていただきました。発熱(37.5度以上)、咳など風邪のような症状があるお客様は、入場をご遠慮いただく場合もございます。その際は、チケット料金を返金させていただきます。
・1階建物入口にて、アルコール消毒液を弊社団員がお手元に散布いたします。
・1階建物入口にて、マスクを着用されていないお客様は、マスクのご着用をして頂き、お待ちで無いお客様へは配布させて頂きます。
・建物内に、消毒液を、お手洗いにはハンドソープを設置しております。手荒い、消毒にご協力ください。
・お茶やお水などの水分補給のできるものをお持ちください。また、飴などを口に含んでのご観劇もお勧めいたします。口の中の乾燥を防ぐことでも感染予防につながります。
・建物内に設置しております消毒液は、アルコール消毒液と次亜塩素酸水です。アレルギーのある方はお声かけください。(次亜塩素酸水とは、食品加工等の分野において洗浄、消毒用途等で使用される欲品添加物水〈殺菌料〉です。次亜塩素酸ナトリウムとは異なるものです。)

【感染症予防対策への劇団俳優座の対策】

・劇団内では、キャスト、スタッフの体調管理、こまめな消毒、うがいを行っております。
・上演期間中に、キャスト、スタッフとその関係者から発熱や体調不良等、新型コロナウイルス感染症の疑いがある者が出た場合、公演を中止いたします。
・今後あらたに公演中止が決定した場合、お支払い済みのチケット料金は、返金いたします。その際は改めてご予約のお客様おひとりおひとりにご連絡させていただきます。HPや公式Facebook、Twitter、Lineなどでもお知らせいたします。
・受付ならびに会場スタッフはマスクと手袋を着用して、ご対応させていただきます。ご理解のほどお願い申し上げます。
・1階建物入口、受付、待合スペース等に、消毒液、ごみ袋を設置し、厚生労働省・新型コロナウイルス感染症対策のポスターを掲示しております。
・建物内で、不特定多数の方が触れる箇所には、消毒を常時おこないます。
・建物内の消毒を、毎日徹底しております。
・お手洗いに、ハンドソープ、ペーパータオル、ごみ袋を設置しております。
・5階劇場出入口の扉を、常に開放できるよう、演出も変更し、お客様の出入りがより自由にできるように努めております。
・劇場内を2020年3月16日(月)に、専門業者により徹底消毒いたしました。
・劇場内は、換気のため、吸排気設備を常に稼働しています。

・劇場内に、加湿器を設置し、次亜塩素酸水によるウイルスの不活性化に努めております。
(次亜塩素酸水とは、食品加工等の分野において洗浄、消毒用途等で使用される欲品添加物水〈殺菌料〉です。次亜塩素酸ナトリウムとは異なるものです。)
・空間密度を減らすため、客席を100名から70名に減少させていただきました。くわえて、客席と客席の間隔を広げました。
・舞台上のプール内の水には、安定化二酸化塩素が含まれており、
ウイルスの不活性化に努めております。(安定化二酸化塩素とは、殺菌作用があり、殺菌目的として水を消毒するだけでなく、空間消毒としても使用されている。)

ウイルス感染予防及び拡散防止のため、みなさまのご理解とご協力をいただけますようお願い申し上げます。

劇団俳優座[2020.03/18]